from上海to東京

子育ての日々の断片を書き綴る

「最後の晩餐」を観に行った

4時半に目が覚めるともう寝られなかった。

7時に隣の部屋に行って、息子に起きるように声をかけ、7時半にホテルを出ると告げた。7時半に声をかけると、歯磨きして等と。

7時40分頃に部屋を出て、フロントに行って、チェックアウトし、荷物を預け、ホテルに一番近い地下鉄の駅に行った。券売機で片道切符を買い、M2路線でCADORNA駅へ。この路線のミラノ中央駅はホームを工事中で通過した。CADORNA駅で改札を出ると、妻は切符を差し込んでも出れなかった。駅員に妻が声をかけると、切符の刻印時刻をチェックした後、出してくれた。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院を目指して歩いて行くと、カフェの前で、妻はトイレに行きたいと言い、別れた。そこから5分弱で、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院に着いた。チケットオフィスに行って、予約番号をプリントした紙を見せると、パソコンで確認して、チケットをくれた。

カフェに戻ると、妻がカードを持って、コーヒーを注文していた。トイレは?と聞くと、持っていたカードがないと入れないと。食べるものはクロワッサンしかなかった。

最後の晩餐を観るまで、1時間半あったので、散歩することにした。地下鉄の駅に戻って、近くにセンピオーネ公園があることがわかり、行ってみることにした。もう暑くなってきていたが、木陰は涼しかった。しばらく歩いて行くと、凱旋門のような門が見えてきた。凱旋門に似せて作った平和の門だった。地下鉄の駅に戻る途中に、トリエンナーレ美術館があったが開館前で中には入れなかった。

地下鉄の駅に行くと、果物を食べたいと妻が言い、スイーツの店で、果物とアイスキャンデーを食べた。

10時頃にサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院に到着。入り口に入ると、ロビーに入場を待っている人たちがいた。10時10分になるとガラスの扉が開き、チケットのチェックを受け、狭い部屋に入った。そこでしばらく待つと、次の扉が開き、また狭い部屋に入った。そしてようやく扉が開いて、最後の晩餐がある元食堂に入れた。

15分間だけの鑑賞時間。出口の扉を出ると、また部屋に閉じ込められた。それから、ショップの扉が開き、ショップにしばらくいて、ようやく外に出られた。

近くのタクシー乗り場にタクシーがいたので、タクシーに乗って、ホテルに戻り、預けた荷物を受け取り、駅に向かった。念のため、イタローのオフィスに行って、ミラノ中央駅から乗車できることを確認し、駅の中のサンドイッチ屋で、サンドイッチとコーヒーでお昼。息子は全部食べたが、妻と私は量が多過ぎて、食べきれなかった。

ホーム近くに行って、ホーム番号の表示されるのを待った。発車時刻の20分頃にホーム番号が表示され、すでに入線していた電車に乗り込んだ。電車はほぼ定刻の12時35分に発車した。

うとうとしていると、車掌が検札に来た。

それからまた寝ていると、起こされた。奥の席の座席の女性だった。他の席でもいいと座りに行ったが、他の乗客が乗り込んできたので、戻ってきた。妻がはなしかけると、中国の各地を旅したことがあると言って、話が盛り上がった。出版関連の仕事やエッセイを書く仕事をしていて、世界各地に行ったことがあると。しばらく話し込んで、パッドで書きたいことがあると言って、空いた席に行った。

電車はほぼ定刻に、ローマ・テルミニ駅に到着した。ホテルは駅の近くだったので、歩いてホテルに向かった。

ホテルでチェックインし、5階の部屋へ。広い部屋で、息子はベッドに横になって、iPhone

7時半過ぎに夕飯を食べに外に出た。ネットで調べ、評判のよいレストランにした。

レストランに着いて、席につくと、日本で話しかけてきた。料理は普通で、評判ほどでもなかった。

ホテルに戻って、お風呂に入って、11時頃に寝た。

 

コモ湖に行った

4時過ぎに起床。

7時過ぎにブレックファーストルームに行った。ホテル代に朝食代は入ってなかった。このホテルは大きなホテルなのに、朝食の選択肢は少ないし、美味しくもなかった。

部屋に戻って、二人を急かせて、7時半過ぎにホテルをでた。駅のタクシー乗り場に行くと、タクシーが沢山停まっていて、すぐに乗れた。

コモ湖へのガイドツアーの集合場所のビジターセンターには8時前に到着した。ビジターセンターは閉まっていたが、外にいたバスの運転手に声をかけられ、コモ湖?あと10分ほどでバスに乗れると言われた。しばらくその辺をウロウロ。バスに戻ると、参加者がバスに乗り始めていた。バスの中で受け付けをしていて、バウチャーを見せると、音声受信機とイヤホンを渡された。

f:id:samso:20170819053417j:image

しばらくバスの中で待っていると、ガイドの女性がバスに乗ってきて、ガイドツアーの説明を始めた。今日参加者がちょっと少なく、50名ほどだと。バスは8時半過ぎに発車した。

ガイドの女性はすぐにミラノ市内のガイドを始めた。磯崎新さんが手がけたビルやACミランの建物の紹介があった。高速道路に入ると、昼食の話を始めた。コモ湖で乗る遊覧船の食堂で取るか、コモの町で取るかの選択肢があり、船内で食べる場合は前もって予約が必要なので、これから確認すると。メニューを見たら、リゾットだったので、息子は食べたくないと。事情を説明すると、パスタに変更することも可能だと言われ、息子も食べることに同意した。

1時間ほどで、コモ湖の湖畔に着いた。バスを降りると、ミラノより涼しかった。コモの町をガイドの女性が案内してくれたが、建物の様式と教会の話が中心で、息子はすぐ飽きて、歩きiPhone。20分ほどで、ガイドが終わり、遊覧船に乗るまで、自由行動。妻がトイレに行きたいからと、カフェで休憩。二人がなかなか立とうしないので、別れて別行動。

f:id:samso:20170819053525j:image

f:id:samso:20170819053634j:image

先に集合場所にいると、二人がやってきた。湖畔まで行って、しばらく待って、遊覧船に乗り込んだ。すぐに食堂に案内され、テーブルについた。ワイン、サラダ、魚のフライがついたリゾット、デザート、エスプレッソが出た。息子もパスタの他に肉料理も食べられ、満足した。食事をしながら、音声受信機で、ガイドを聞くことができ、ジョージ・クルーニーなどの別荘の紹介もあった。

f:id:samso:20170819053731j:image

f:id:samso:20170819053834j:image

2時間ほどで遊覧船を降り、ベラージオの町を少し案内され、また自由行動になった。着いたときは涼しかったが、日に当たると、暑くなってきて、木陰で休憩。しばらく休んで、ウインドーショッピング。妻は木製の皿、帽子、ネックレスを買った。また妻のトイレに行くというので、レストランで休憩。

f:id:samso:20170819053919j:image

f:id:samso:20170819053954j:image

4時15分頃に集合場所に行って、フェリーに乗り込んだ。10分ほどで対岸に着いて、待っていたバスに乗り込んだ。

5時過ぎにバスが発車して、またコモ湖の景色の説明を聞いた。解散場所のビジターセンターには6時半過ぎに到着。ガイドさんに聞いたタクシー乗り場に行くと、すぐにタクシーがやってきた。

ミラノ中央駅に着いて、イタローのオフィスに急いだ。窓口は空いていて、すぐに受け付けてくれた。チケットを見せると、割引チケットだから、変更も払い戻しもダメだと言われた。ミラノ中央駅から乗車できるようにすることは可能かと聞くと、このチケットで乗れると言われた。

ホテルに戻って、30分ほど休憩して、ホテルを出て、地下鉄の駅に向かった。券売機に行くとコインの他にデビットカードでチケットを買えることがわかった。運賃は1.5ユーロだった。

f:id:samso:20170819054104j:image

Duomo駅で地下鉄を降り、地上に出ると、ドォーモがそびえ立っていた。写真を撮って、ガッレリアのアーケードへ。

f:id:samso:20170819054139j:image

f:id:samso:20170819054321j:image

夕飯を食べるため、ネットで調べ、Nabuccoというレストランに行くことにし、息子にGoogleマップの案内を任せた。アーケードを抜け、だんだん進んでいくとひとけのない通りに。道を曲がると突然レストラン街に出て、レストランはすぐにに見つかった。

予約なしでもすぐに奥の奥の席に案内された。息子と妻はパスタ、私はミラノリゾット。前菜に注文したタコのマリネのサラダは美味しく、息子はよく食べた。さらに、ポリチーニとヒレ肉の料理もほとんど一人で平らげました。

f:id:samso:20170819054242j:image

妻が歩きたくないと言い、タクシーでホテルに戻った。

シャワーを浴び、11時過ぎに寝た。

ヴェネチアを散策し、ミラノに移動した

夜中に足がつって目が覚めたら、まだ2時頃だった。しばらく足のつりが治らず。

4時半頃に完全に目が覚めた。

7時半頃に息子を起こしたが、妻がもうちょっと寝たいと。

8時頃に食堂に行った。外の席に座ると、ちょっと冷やっと気温だった。このホテルの朝食のバリエーションもまあまあで息子もよく食べた。ゆっくり食事をとって、部屋に戻った。

f:id:samso:20170817120659j:image

二人に散歩に行こうと誘うが、動こうとしなかった。妻だけが一緒に行くといい、二人で散歩に出た。ホテルの近所は共有住宅街のようで、洗濯物を外に干している家が数多くあり、運河には自家用ボートが係留してあった。まだ気温は高くなかったが、気がつくと、蚊にさされていた。

f:id:samso:20170817120226j:image

f:id:samso:20170817120309j:image

f:id:samso:20170817120419j:image

30分ほどでホテルの部屋に戻ると、息子パンツ姿で、iPhoneでゲームをやっていた。

今度は息子を説得して連れて、もう一度散歩に出て、水上バス乗り場まで行った。船着場は海に面していて、気持ちが良かった。息子が早く帰りたいと言い、20分ほどでホテルに戻った。

f:id:samso:20170817120520j:image

f:id:samso:20170817120552j:image

二人がなかなか動こうとせず、チェックアウトするために部屋を出たのは11時40分頃。フロントに行くと、対応する人が一人しかおらず、4人が並んでいて、15分ほど待たされた。他のホテルでは冷蔵庫の飲み物はタダだったが、飲んだ飲み物を聞かれ、ホテル代に加算された。

歩いて電車の駅に向かった。駅に近づくにつれ、混んできて、まっすぐに歩けなかったが、危険な目に合うことなく、駅前に到着し、荷物を預けられる店に入って、4つの荷物を預けて、まだ行っていない地区に向かった。

f:id:samso:20170817120813j:image

歩き出してすぐに息子が腹減ったと言い、レストランを探した。もう気温が高く、蒸し暑かったので、室内が良かったが、二人がここでいいと、運河の側にある屋外の席しかないレストランを選んだ。息子はポリチーニ茸、妻はペペロンチーノ、私は魚介のスパゲッティを頼んだ。普通の味だったが、息子は満足したようだった。

f:id:samso:20170817120941j:image

f:id:samso:20170817121229j:image

f:id:samso:20170817121035j:image

f:id:samso:20170817121136j:image

食べ終わっても、二人は動こうとしなかった。なんとか立たせ、ぶらぶら歩き。仮面の店に入ると息子は気に入った仮面を見つけ買いたいと言ったが、鼻の長い仮面で持って帰るのが大変なので、諦めさせた。その代わりに、仮面の付いたキーホルダーを買ってあげた。

f:id:samso:20170817121354j:image

f:id:samso:20170817121431j:image

革製品の店に入ると、今度は妻がちょっと大き目のポーチが気に入って、プレゼントも含めて、2つ買った。息子は財布が欲しいと妻にせがんで、買わさせた。

すぐにまた二人で疲れだと言い、レストランに入って休憩。息子と私はアイスクリーム、妻は紅茶。

駅の近くまで戻ってきたが、まだ電車の発車まで時間があったので、目についたバーガーキングに入った。息子だけ、ハンバーガーとフライドポテトとコークを買って、食べた。

4時前に荷物をピックアップし、駅に入った。発車時刻の20分前にホームが表示され、すでにホームにいたジュネーブ行きの電車に乗り込んだ。向かい合わせ席ではなく、前後の席だった。電車は定刻をちょっと遅れて発車した。

f:id:samso:20170817121553j:image

ヴェネチアからミラノに向かう途中の景色は、向こうに山が見え、線路近くに川はあったり、湖が見えたりして、なかなか良かった。

ミラノ中央駅の表示が出て、到着時刻近くだったのでほかの乗客と一緒にドアに進んだが、止まった駅でドアが開かなかった。ほかの乗客も驚いている様子だった。5分ほど停車してまた走り出した。客室内の行き先表示は違う駅名に変わっていた。5分ほどして駅に着き、ドアが開いてホームに降りることができた。ミラノ中央駅のようだった。到着時刻は予定より15分遅れだった。

ミラノ中央駅は今までで一番大きな駅だった。中央口に向かって進むと階段があった。階段を降り、駅を出ると、広場があり、イタリアで初めてビル群が見えた。

f:id:samso:20170817121708j:image

f:id:samso:20170817121752j:image

f:id:samso:20170817121845j:image

ホテルに向かうにはどちらに進めばいいのかわからず、Googleマップに従った。進んで行くと、ビルの上にホテルの名前が見えた。隣にまだ駅の建物が見え、違う出口から出ればもっと早くホテルに着けたとわかった。

このホテルのチェックインでは3枚の紙にサインしたり、住所を書いたりする必要があった。カードキーを2枚渡され、2つの部屋はつながってると言われた。部屋は9階で部屋に行くと、2つの部屋は隣接されているものの連結口はなく、2つの部屋の手前にドアはあったが、開いたままで、閉めることはできなかった。1つの部屋はカードキーで開いたが、もう一つの部屋はカードキーを同じように挿しても開かなかった。息子がフロントに行って戻ってくるとドアが開いた。ロックが解除されてなかったようだった。この部屋の方が部屋もベッドも広かった。息子は広い方の部屋を使うと言い張った。

もう8時になっていて、レストランを探しに外に出た。妻がホテルに来る時に途中で中華の店の看板を見かけたと言い、そこに向かった。店に到着すると、中華バイキングの店だった。値段は20ユーロと安かった。中華料理の他に、回転寿司やパスタなどもあった。安いだけどの料理も美味しくはなかったが、イタリア料理に飽きてきていたため、それなり食べた。

f:id:samso:20170817122033j:image

f:id:samso:20170817121930j:image

f:id:samso:20170817122110j:image

f:id:samso:20170817122203j:image

ホテルの部屋に戻るともう9時半だった。散歩に出るかと誘うが二人はもういいと。

明後日に乗る電車の乗車控えを見ると、乗車する駅がミラノ中央駅ではないことに今頃気がついた。駅はホテルから車で20分もかかることがわかった。もともとギリギリの発車時刻だったので、ちょっとまずいと思い、ミラノ中央駅に行ってみたが、イタローの窓口は閉まっていた。7時半には閉まってしまうとわかった。

ホテルに戻って、シャワーを浴び、11時過ぎに寝た。

 

フィレンツェからベネチアに移動した

今朝も4時頃に目が覚め、そのまま眠れず。

6時半過ぎに妻が目を覚ました。息子も7時頃に目を覚まし、横になったまま、iPhoneで動画を見だした。

7時40分頃にホテルを出て、ウフィツィ美術館に向かった。朝は気温が低くて、気持ちが良い。8時前に美術館に着いて、ガイドツアーの集合場所を確認して、朝食が取れるカフェを探した。美術館近くの広場の向こう側に屋外の席の準備をしているのが、目に付いて、行ってみた。すぐにサービスを始めるので席に着いても良いと。コーヒーとジュースはすぐに来た。しばらくして、食べ物が来たが、食べきれない量だった。

f:id:samso:20170816142449j:image

8時45分が集合時刻だったので、10分前に行ってみたが、ガイドツアーの人は見つからなかった。それで入場のラインに並んでいると、女性があっちのゲートだと言うので、行ってみた。ガイドツアーの人らしい男性にバウチャーを見せると、このゲートで良いと言わたので、ラインに並んだ。ラインの先頭に来てバウチャーを渡すと、ちょっと待てと言われた。待っていると、元の集合場所に連れて行かれた。しばらくして、ガイドの女性がやってきたが、まだ2人来てないので、待ってと言われた。やっと夫婦がきたが、英語のガイドではダメだと言っているようだった。ガイドの女性が確かめると、やはり英語のガイドだと言うが、夫婦は諦めなかった。仕方なく、女性は2か国でガイドすることにして、美術館に入った。最初のコーナーは宗教画の変遷がわかる絵が展示してあった。その後、ボッティチェッリプリマヴェーラとビーナスの誕生を見ると、絵が鑑賞の対象になったことがわかる。ミケランジェロの聖家族などを見て、レオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知。不思議な絵で、見る位置によって少し違って見えることをガイドが説明していた。最後はカラヴァッジョのバッカス。この作品は東京でみていたので、懐かしい感じ。11時過ぎにガイドが終わった。妻と息子は椅子に座り込んだ。

f:id:samso:20170816142604j:image

f:id:samso:20170816142710j:image

f:id:samso:20170816142850j:image

f:id:samso:20170816142927j:image

f:id:samso:20170816143014j:image

それからゆっくり歩いて、ホテルに戻った。ホテルに着くと、鍵は部屋に置いておけと言われていたので、インターフォンのボタンを押して玄関のドアを開けてもらった。フロントに行くと、まだ学生らしい女の子二人がいた。部屋から荷物を出して、支払い。

12時過ぎにホテルを出て、ランチを食べるところを目指した。妻が歩道に小綺麗な席があったレストランでランチを食べようと提案。従って、席に着いた。まず飲み物を注文し、傍らを過ぎて行く馬車などを眺めて時間を過ごした。息子がステーキを食べたいと言い、妻が1kgのTボーンステーキを頼んだ。ウエーターに食事の用意が出来たと言われ、エアコンの効いた室内に移動。かなり待って、ステーキが運ばれ来て、ウエーターが肉を切り分けてくれた。味はシンプルで美味しかった。息子はTボーンも齧って、満足げだった。まだ時間があったので、デザートにアイスクリームを頼んだ。息子はチョコレートのアイスクリームが素晴らしいと、感激して食べていた。

f:id:samso:20170816143223j:image

f:id:samso:20170816143258j:image

f:id:samso:20170816143337j:image

駅には発車時刻の30分前に着いたが、まだ発車ホームが表示されていなかった。15分前にようやく番号が表示され、ホームへ。ホームの入り口で検札を受け、入車してくる電車を待った。やってきた電車に乗ると、ほぼ満席だった。電車は定刻に静かに発車した。車窓の景色に見飽きて、いつの間にか寝ていると、車掌におこされた。このリュックサックはあなたのではありませんかと聞かれた。中にパソコンが入っていたので、妻を起こした。妻のリュックサックではないと確認し、違うと告げた。

電車の両側の風景が海になった。終点のヴェネチア駅に着き、中央出口を目指した。駅を出ると、凄く混雑していた。バス旅行で知り合った中国人夫妻がここヴェネチアで500ユーロをすられたと言っていたので、リュックサックを前にかかげ、iPhonegoogleマップの案内を頼りにホテルを目指した。複雑な経路だったが15分ほどでなんとかホテルに辿り着いた。

チェックインし、これからガイドツアーのためにアカデミア美術館に行かないといけないと言うと、歩いて45分ぐらいかかるけど、タクシーだと20分ぐらいで行けると言われた。タクシー?と思いながら、値段を聞くと、80ユーロと聞こえたが、歩きたくない妻はタクシーを呼んでと伝えた。部屋に案内され、妻に80ユーロと言われなかった?と聞くと、18ユーロじゃないのと言う。

すごいいい大きな部屋で、ベッドが2階のロフトにあった。

f:id:samso:20170816143441j:image

部屋で寛いでいると、電話がかかってきて、タクシーが来たと。フロントに行くと、親子がいた。タクシーの運転手だと言うのて後をついていくと、運河にボートがあった。船内は6名座れる席があるリムジンのようなボートで、息子が喜んだ。

f:id:samso:20170816143540j:image

リッチな気分で、美術館まで20分ほどのクルージングを楽しんだ。料金は70ユーロだった。支払って、上陸。

f:id:samso:20170816143655j:image

ガイドツアーで指定されていた美術館の入り口に行ってみたが、まだ案内のひとがおらず、その辺を散歩。集合時刻の10分前に戻ると、ガイドツアーの案内の女性がいて、受け付けチェックをやっていた。名前を告げ、ワッペンを受け取った。出発は20分後だと言うので、また散歩。

6時半頃にガイドツアーが始まった。ガイドの女性の英語はイタリア訛りで聞きづらかった。歩きながら建物や運河にかかる小橋などの説明を受けた。ところどころ有名人とヴェネチアのエピソードを交えながら。1時間半ほど歩いてガイドが終わり、ゴンドラ乗り場に案内された。

f:id:samso:20170816143816j:image

f:id:samso:20170816143848j:image

f:id:samso:20170816144139j:image

ゴンドラは5人乗りで、オランダ人ぽい女性二人と一緒に乗った。ゴンドラはしばらくして、狭い運河に入って行くが、漕ぎ手の男性は片手にスマホを持ってだまって漕いでいた。

f:id:samso:20170816143933j:image

f:id:samso:20170816144018j:image

30分ほどで上陸し、レストランを探した。運河近くのレストランにいってみが、高かったので、運河が見えないレストランにした。息子がロブスターのパスタ、妻が魚介のリゾット、私は海老の焼き物にした。味はどれも美味しかったが、値段は高めだった。

f:id:samso:20170816144108j:image

f:id:samso:20170816144049j:image

食べ終わると、9時半を過ぎていて、船のバスの乗り場を探した。乗り場に行ったが、誰もいなかった。すぐに男性がやってきて、チケットをチェックマシンにかざしたので、妻がそのチケットはどこで買うのか、聞いた。このマークがある場所と言われた。どこなんだと思っていると、この乗り場には誰もいないから、チケットなしでも乗れるんじないのと言われ、船が到着するのを待った。しばらくしてやってきた船にすんなり乗船できた。船は混んでいた。ホテルに1番近い船着場に着いたのは10時15分過ぎだった。またgoogleマップを頼りにホテルを目指した。ホテルに着いたのは10時半頃だった。疲れて、すぐにシャワーを浴び、ベッドに横になった。

今日は贅沢な一日だった。

トスカーナ地方をバスで観光した

今朝は4時から眠れなくなった。

6時頃に妻が起き、息子を7時に起こした。

7時半前にホテルを出て、バス旅行の集合場所の駅に向かった。朝食を食べるために営業中のカフェを探すが、なかなか見つからず。結局、駅まで来て、営業しているカフェを見つけ、サンドイッチを食べ、コーヒーを飲んだ。

f:id:samso:20170815135149j:image

8時過ぎに駅の集合場所の薬局の前に着いたが、誰もいなかった。待ってる間に息子は駅の構内にあった店でパンを食べた。

集合時刻の8時半近くになって、駅の入り口近くに紙を持った男性の周り、人が集まっていて、近づく前にその団体を別の場所に行かせた。その男性が戻って来て、声をかけると、バス旅行の人だった。バスは駅のホームの先の200m先を下ったところにあるから、自分たちで行くように言われた。

なんとなく行くと、いくつかのバスが見えて来た。受け付けをやっている男性に声をかけ、紙を見せると、あっていたが、リストにないと言われた。そんな訳ないないと待っていると、男性がどこかに電話をして、ようやく見つけ、青いワッペンを付けてくれた。バスに乗り込むまで待っていると、妻に中国語で話しかけてきて、こっちへ来いと連れて行かれ、バスに乗れと。そして1階の席を8つ確保しておいてと言って、行ってしまった。しばらくして戻って来て、中国人の親子を連れ来た。その後、もう一人。それから隣の席に日本人10人ぐらいを日本人の説明員の女性の方が連れて来た。それから欧米人の人たちが2階の席に上がって行った。

しばらく待っていると、イタリア人の女性が英語でバス旅行の説明を始めて、バスが10時過ぎに発車した。

1時間ほどで最初に着いたのは、塔がいくつかある世界遺産の街サン・ジミニャーノ(San Gimignano)。団体と別行動で、中国人ガイドに付いて、街の中を歩いた。中世の街並みがよく残されていた。自由行動になって、有料の塔に登ると辺りを一望できた。

f:id:samso:20170815135322j:image

f:id:samso:20170815135401j:image

次は30分ほどバスに乗って、城壁に囲まれてる街モンテリッジョーニ〔Monteriggioni〕に移動。ここも綺麗な街並みが残されていた。

f:id:samso:20170815135502j:image

f:id:samso:20170815135557j:image

次に訪れたのはキャンティのワイナリー。食事の前に、2種類のワインの試飲。飲みやすいワインだった。息子も試飲した。それから食堂に入って、お昼。もう1時半を回っていて、息子もチーズ以外は全部たべた。

 f:id:samso:20170815135749j:image

それから、中世の都市国家の街並みが残されている世界遺産シエーナの旧市街に移動。バスを降り、しばらく歩いていくと、向こうの方に綺麗な街並みとドウモが見えてきた。坂を下り、長いエレベーターを登ると、ようやく街の中に辿り着いた。ここも中世の街そのもの。ドウモの前にいると、明日行なわれるパーリオという競馬の祭りのパレードがやってきた。パレードを見た後、ヨーロッパ最大らしい中世の広場カンポ広場に移動。入り口は警官によるセキュリティチェックがあった。カンポ広場を出て街中を歩いていくと、明日参加する各地区のパレードが馬を先頭にやってきた、そこどけ状態。

f:id:samso:20170815135848j:image

f:id:samso:20170815135947j:image

f:id:samso:20170815140031j:image

f:id:samso:20170815140128j:image

最後の集合場所でみんなが戻って来るまで、30以上待った。全員が揃って、ハスに移動。バスは予定の40分遅れで、7時過ぎに発車した。

8時過ぎに駅に到着。バス旅行のみんなと別れ、タクシー乗り場を探した。

しばらくタクシーを待って、フィレンツェの街を一望できるらしいミケランジェロ広場に向かった。8時半過ぎに広場に到着すると、すごく混雑していた。タクシーを待たせ、フィレンツェの街が一望できる場所まで急いで移動。写真を撮ってすぐにタクシーに戻った。

ホテルの人に聞いた評判のレストラン4LEONI近くまでタクシーに行ってもらい、車が入れない道を進んで行くとレストランが見つかった。妻が聞くと、予約なしだと早くて、10時だと言われた。待ってもいいと言う二人を諦めさせ、隣の居酒屋のようなレストランに行くと、5分と言われ、席ができるのを待った。席についている人たちを見ると、料理らしきものはなく、お酒を飲んでいるたわけのように見えた。10分ほど待って席に案内された。メニューがイタリア語のものしかなく、レストランの主人の説明を聞いても、よくわからずに注文。ワインを飲みながら待っていると、ようやく前菜がきた。お馴染みのモッツレラチーズとトマトの皿と一緒に来たのは、タンをスライスしたもの。これは美味しかった。息子はもう一皿欲しいと。メインはボロネーゼのペンネ、牛肉の煮込み、牛肉のフライにアンチョビのソースかかかったもの。料理はどれもそこそこ美味しかった。

f:id:samso:20170815140309j:image

f:id:samso:20170815140349j:image

店を出たのは10時過ぎだった。ホテルに戻ったのは、10時半過ぎ。シャワーを浴びてすぐに横になった。

フィレンツェに移動した

夜中に何回も目を覚まして、6時半過ぎに起床。

7時過ぎに二人が起き、7時半過ぎにホテルの食堂に朝食を食べに行った。食べ物が美味しく、息子が珍しく最後まで食べていた。

f:id:samso:20170814130450j:image

9時半過ぎにチェックアウトし、ホテルに荷物を置いて、ローマ・テルミニ駅に行き、2階建ての観光スポット周遊バスに乗った。

10時過ぎにバスが出発。日本語の音声案内を聴きながら、景色を楽しんで、一周。二周目に入って、バスを降り、息子と妻が気に入ったヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂に入った。中をウロウロしてたら、建物の外にエレベーターがあり、大人一人7ユーロを払って、建物の屋根の上に上がった。ローマを一望することができた。

f:id:samso:20170814130527j:image

お腹が空いてトイレに行きたいというので、近くのカフェに入った。あまり美味しくない店だった。

またバスに戻ったが気温が上がってきて、どこにも降りずにテルミニ駅に戻ってきて、バスを降り、ホテルに向かった。妻が喉が渇いたと行って、売店で飲み物を買い、日陰のテーブルで休憩。

ホテルに3時過ぎに着いて、荷物を受け取り、またテルミニ駅に行った。フィレンツェ行きの電車の発車ホームを確認し、駅内をウロウロ。息子はマックに入りと言い、一人でハンバーガーを買い、冷房の効いた席で休憩。

4時前にホームに入って電車を待っていたら、妻がホームが変わったことに気が付き、移動。電車はもうホームに入っていて、すぐに乗れた。予約しておいた席は向かい合わせの4人席だった。空いた席に来る人はおらず、3人で占有できた。

f:id:samso:20170814130618j:image

電車は定刻にスッと発車した。車窓の風景は一変し、寂しい町並みに。そのうちにほとんど家が見えなくなった。電車にはWiFiの設備があったが、ネットにつながらず、息子は寝てしまった。

2時間ほどで、フィレンツェに到着。駅を出た辺りはあまり良い感じはしなかった。Googleマップを頼りにホテルに向かった。徐々に洗練された雰囲気に変わってきて、高級ブティックが目に入るようになった。

f:id:samso:20170814130715j:image

f:id:samso:20170814130755j:image

ホテルはなんとか見つかったが、またドアに鍵がかかっているところで、インターフォンに話しかけて、鍵を開けてもらった。中は真ん中に狭いエレベーターがある階段だった。エレベーターの扉は手で開けるタイプだった。4階に着いてエレベーターのドアが開かずにこまっていると、女性が開けてくれて、ホテルの中へ。狭いフロントでチェックインしたが、朝食のサービスはないと言われた。知り合いに聞いたレストランのことを聞いたが、よくわからなかった。

妻がシャワーを浴びた後、夕飯を食べに出かけた。とりあえず、EITALYに行ってみることにした。ウロウロしていると、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂が見えてきた。

f:id:samso:20170814130850j:image

EITALYが見つかり、外の席でオッケーをもらい座っていると、予約席にするから、中の席に移動してと言われた。中は食材の店だった。一緒に移動を言われた家族の後に着いて2階に行くと、別のレストランだった。1階に戻ると、店の奥にプラスチックの椅子のテーブルがあった。フィレンツェはお肉が美味しいときいていたので、肉料理のおすすめを妻が注文したら、1つはハンバーガーだった。息子はハンバーガーを一切食べず、カットステーキと野菜が載ったプレートを2皿食べた。頼んだイタリアンビールは濃厚な足だった。

f:id:samso:20170814131012j:image

f:id:samso:20170814131058j:image

f:id:samso:20170814131134j:image

レストランを出て、アルノ川の方に向かった。ヴェッキオ橋に到着すると、日暮れ前で橋から景色は素晴らしかった。

f:id:samso:20170814131308j:image

ホテルへの帰り道にジュース味のアイスキャンディを買ったが、すごく美味しかった。

9時半過ぎにホテルに着いて、ベッドに横になると、着替えないまま寝てしまった。

バチカン美術館に行った

2時頃に目が醒め、それからなかなか眠れず、ちょっとだけ、ウトウトしただだけで、5時半過ぎに起きた。

お湯を沸かし、紅茶を作って、テーブルにあったパンやビスケットで朝食。

6時半過ぎに息子を起こした。7時前に起き、パンやビスケットを食べた。

7時過ぎにフロントに行ってみるが、誰もいなかった。部屋に戻って、部屋にあった紙に書いてあった携帯の電話番号に電話をしたが、出なかった。仕方なく、メールをして、チェックアウトと荷物をどうすればいいかを聞いた。返信がないので、もう一度電話。今度は出てくれて、荷物は部屋に置き、鍵は持って出て、12時頃に戻るときに鍵を返すことでいいことになった。

まだプリペイドSIMを手に入れておらず、iPhoneのマップで現在地の確認ができないため、7時半頃にホテルを出た。

紙の地図を見ながら、バチカン美術館を目指した。迷うことなく、バチカン美術館の入り口近くのガイドツアーの集合場所に着いた。目印の旗を持った女性に声をかけた。まだ集合時間になっていないので、待っていてくれと言われた。待っていると、妻から空港に着いたとメッセージが届いた。

f:id:samso:20170813112652j:image

 f:id:samso:20170813112759j:image

集合時刻になると名前を確認された後、ガイドをする女性のもとに集まって、ガイドの声を聞くための機材を渡された。イヤフォンをつけるとガイドの英語の声がよく聞こえた。

8時45分過ぎにバチカン美術館の入り口に移動し、ガイドツアーが始まった。バチカン美術館の中に入ると、すごく混んでいたが、ミケランジェロラファエロの作品を堪能した。

f:id:samso:20170813112948j:image

f:id:samso:20170813113324j:image

システィーナ礼拝堂サン・ピエトロ大聖堂も見学し、ツアーはサン・ピエトロ大聖堂の中で、12時前に解散になった。

 f:id:samso:20170813113517j:image

ホテルで妻とその友達と会うことになっていたが、妻がホテルが見つからないと言ってきた。ホテルに向かうと突然雨が降ってきて、小降りになるまで、雨宿りした。

小降りになり、歩き出すと、妻がホテルが見つかったと言ってきた。

ホテルの近くに行くと、妻たちがいた。ホテルの入り口の鍵が開いていた。フロントに行くと掃除の女性がいた。部屋に入って、リュックサックを持って、フロントに行って、鍵を女性に渡した。

妻たちが前もって見つけておいたというレストランに行った。パスタとピザをたのんで、お昼。息子はチーズのないトマトソースだけのピザとパスタを食べた。ナポリというアンチョビがトッピングされたトマトソースとチーズのピザは美味しかった。

タクシーで今日泊まるホテルに向かった。ホテルに着くとすでに妻がチェックインしていて、カードキーを受け取った。

ひと休みした後、ローマ市内見物に出かけた。ブラブラして道を迷っていると、テルミニ駅に来た。明日乗る電車のターミナルを確認してから、ジェラートを食べ、用事があるという妻の友達とわかれた。

いつの間にか、フォロ・ロマーノに来ていた。

しはらく見学して、カフェで休憩。外のテーブルにいると、すごく心地よい風が吹いて来た。

カフェを出て、コロッセオに向かった。コロッセオの壁を見てから、妻が輪タクでスペイン広場に行って夕陽を見たいと言い、輪タクに三人で乗って、スペイン広場へ。広場に行くと、混雑していた。

f:id:samso:20170813114703j:image

f:id:samso:20170813113850j:image

f:id:samso:20170813113713j:image

まだ日が高かったので、レストランで夕食を食べ、8時過ぎに広場に戻って階段を登るとちょうど日が沈む頃だったが、雲があって、太陽を見ることはできなかった。

f:id:samso:20170813113751j:image

タクシーで ホテルに戻った。息子はすぐiPhone。妻は早めに寝た。

イタリアに着いた

5時過ぎに目が醒め、5時半頃に起床。
一人で朝ごはんを食べ、息子の部屋のドアを開けた。目を醒ました。
水槽と植物と旅の支度。6時45分過ぎに息子に「7時20分に出る」と告げた。息子が起きてきて、「ご飯食べたの?」。パンにハムとサラダ菜を挟んで食べた。
「もう支度は終わってるよね?」「終わってる」。7時20分になって、「あっ」。待たされた。
外に出ると、小雨が降っていた。

日暮里駅に8時過ぎに到着。予約したスカイライナーの発車まで時間があり、コーヒーショップでカプチーノ

8時55分発のスカイライナーに乗車。満席だった。9時過ぎに成田第二ビル駅に到着。

f:id:samso:20170811105006j:image

成田空港の出発ロビーをしばらくウロウロしてから、出国審査。

f:id:samso:20170811105027j:image

息子がお腹が空いたと言い、吉野家の牛丼を食べさせた。

10時半過ぎに出発ゲイトに移動。

f:id:samso:20170811105210j:image

B787は12時過ぎに離陸した。

B787の室内設備は充実しているし、JALのサービスもいいが、12時間のフライトは疲れた。

f:id:samso:20170812101931j:image

f:id:samso:20170812102001j:image

f:id:samso:20170812102026j:image

フランクフルトにほぼ定刻に到着。入国審査後に、乗り換えるエアーベルリンのカウンターに行くが、カウンターには誰もいなかった。ラウンジのインフォメーションに行くと違う番号のカウンターを案内された。それで、元のカウンターに戻るとエアーベルリンのカウンターに人がいて、受け付けていたが、列ができていた。やっと順番が来て、eチケットの控えを見せると、アリタリアのカウンターに行けと言われた。アリタリアのカウンターの列に並んでようやくボーディングパスを手に入れることができた。

また安全審査を受けると、成田で問題なかった息子のリュックがひっかかった。係りの人がリュックを開けると、筆箱が出てきて、コンパスが見つかった。没収はされずに済んだ。

出発ゲイトに着いたのは出発時刻の30分前だった。息子が腹減ったと言い、ちょっと戻って、売店で、マフィンとコークを購入し、食べながら、搭乗の列に並んだ。

搭乗口を入るとパスに乗る必要があった。外は小雨が降っていて、気温は低かった。

f:id:samso:20170812102123j:image

出発が遅れるかと思ったら、定刻通りに離陸した。機種はA319で室内は狭かった。

f:id:samso:20170812102146j:image

ほぼ定刻にローマのフィミチーノ空港に着いた。出口に行ったが、ホテルに予約した迎えの人がいなかった。近くにプリペイドSIMを買える店がないか、探したが、見つからなかった。出口に戻ると、私の名前を書いた紙を持っているおじさんがいた。

車に向かう途中で、ホテルの名前を聞いてきた。?と思っていると、違うホテルの名前を行った。メールを見せると、そこねという顔をして、うなづいた。愛想のない人だった。

ちょっと心配だったが、30分で到着した。運転手に50ユーロを渡したら、青年が手招きをした。ホテルらしくない玄関の鍵を開け、中に入った。狭いフロントがあって、宿泊費はもうクレジットで支払われているが、タックスを追加で支払う言われ、デビッドカードで7ユーロを払った。

部屋に行く通路にも鍵がかかったドアがあった。部屋はちょうどよい広さだった。朝食はテーブルに置いてあるパンや冷蔵庫にあるドリンクで、室内で食べてと言われた。

f:id:samso:20170812102212j:image

息子は部屋に入ると、すぐにWiFiをつないで、iPhoneモード。

先にシャワーを浴び、早くシャワーを浴びるように言うまで、iPhoneモードだった。

11時過ぎに寝たが、すぐに目が醒めた。

あほか

6時に起床。

朝ごはんを食べ、ベランダに出ると、小雨が降っていた。

7時に息子に声をかけ、うちを出た。雨は止んでいたが、駅に向かう途中で雨がまた降り出した。

電車の席に座ると、汗が染み出した。

駅を出ると、雨は降っていなかった。

神田上水公園に行くと、今頃、クチナシの花が咲いていた

f:id:samso:20170810230202j:image

蒸し暑く、会社に着いたときは汗でシャツが濡れていた。

昼間は曇りで、最高気温は28℃。

5時50分頃に退社。息子に電話すると、出なかった。うちに電話をしても出なかった。駅に着く前に息子から電話がかかってきて「何?」。夕飯は弁当か、外食かを聞いたら、外食と。うちにいるように言って、電話を切った。

駅に着くと、電車が遅れていた。やっときた電車は中野行きなのに混んでいた。中野で満員の中央線に乗り換えた。

7時過ぎに帰宅すると、息子はまだ帰ってきていなかった。炊飯器の蓋が開いていて、保温のままでご飯が固まっていた。

スーパーに行って、一人前の鮨と、冷凍チャーハンを買って、帰宅。鮨を食べていると、息子が帰ってきて、「さあ、行こう」。「行かない」と告げた。「きたない」と言いながら、諦めて、冷凍チャーハンを温めて、食べた。

旅行の用意をして、早く寝るように言うが、今日もネットゲームを始めた。

11時前にネットゲームをやめ、「何も悪いことはしてない。あほ」と言って部屋に消えた。

 

朝から暑かった

5時過ぎに目が醒め、すぐにまた寝て、6時に起床。

残りのカレーで朝ごはんを食べ、洗濯物を持って、ベランダに出ると、蒸し暑かった。

7時に息子の部屋のドアを開け、エアコンを切って、息子に声がけ。

うちを出ると、気温が高かった。

電車に乗ると、汗が沁みてきた。

駅を出ると、強い日差し。すぐに出た。日陰を選んで、会社に向かった。信号待ちも日陰へ。

f:id:samso:20170809224743j:image

会社に着くと、汗が流れた。

最高気温は37℃。

5時40分過ぎに会社を出ると、しっかり雨が降っていた。傘を差して信号待ちしていると、急に雨が止んだ。

7時前に帰宅。息子は冷房が効いたリビングでネットゲームをやっていた。

着替えて、野菜たっぷりミートソーススパゲティの支度。

息子を呼んで、夕飯。今日も一歩もうちを出なかったよう。

夕飯後は、ソファで横になり、ずっとiPhone。しばらくして、部屋に消えた。

10時前に部屋を出てきて、ネットゲームを始めた。

 

 

台風が去った

5時過ぎに目が醒め、うとうとして6時前に起床。

朝ごはんを食べながら、台風情報を確認。台風が日本海に抜けていたので、かいじの運行を確認したら、通常になっていた。

朝ごはんを食べ終わった頃にT君が目を醒ました。昨日選択したシャツとパンツがもう乾いているから、着替えてきたらと告げた。T君は洗面所に行った。

息子を起こしに行って、「起きて、朝ごはんを用意しないと」と言うが起きなかった。ベーコンを焼いて、サラダを用意して、「9時47分発のかいじにT君を乗せるんだよ」と念を押して、うちを出た。

すごく蒸し暑かった。電車に乗って、席につくと、汗が垂れてきた。

駅を出ると、小雨が降っていて、傘を差して会社に向かった。途中で雨は止んだ。

f:id:samso:20170808222656j:image

9時半に息子に電話すると、まだバスの中だった。「スイカ持ってる?」「持ってる」「チャージは?」「してない」「じゃあ入れないよ」「えっ?」。

9時40分にもう一度電話すると、ホームにいる、電車は4分遅れていると。「乗ったら、メッセージ送って」と伝えて、電話を切った。

しばらくして、メールが来て、「乗ったよ」。メッセージでKさんにT君が電車に乗ったことを告げた。息子から電話がかかってきて、「改札出れない。吉祥寺駅まで行かないいけないの?」と言うので、「駅員に言えば、出られる」と伝えた。

5時40分過ぎに会社を出ると、また小雨が降っていたが、スーパーを出ると、雨は上がっていた。

駅を出ると、写真を撮っている人がいて、その方向を見ると、虹があった。

f:id:samso:20170808222712j:image

7時前に帰宅すると、息子はネットゲームをやっていた。

着替えて、カレーを作った。

カレーができるまでに息子はネットゲームを終え、すぐに食卓に来た。

夕飯後、ソファに横になって、iPhone。9時頃からまたネットゲームを始めた。

 

 

 

 

 

 

台風が近づいてきた

5時過ぎに目が醒め、それからなかなか眠れず。6時前に起床。

朝ごはんの用意をしていると、リビングで寝ていたT君が目を醒ました。

一人で朝ごはんを食べ、息子に「もうT君は起きているよ。早く起きて、朝ごはんの用意をしないと」と言うが、生返事。やっと起きてきたが、ふらふらしてるだけ。仕方なく、ベーコンを焼いた。T君はパンを食べずに、ベーコンとサラダだけ。

7時過ぎにうちを出た。蒸し暑かった。

電車で席に座ると、汗が滲んできた。

駅を出ると、陽射しが強く、すぐに汗が。

f:id:samso:20170807205848j:image

しっかり汗をかいて、会社に到着。

台風が近づいているということで、徐々に天気が悪くなってきたが、5時35分過ぎに会社を出たときはまだ雨は降っていなかった。ちょっと風があったが、すごく蒸し暑かった。

6時20分頃に三鷹駅に到着。券売機でかいじの自由席券を買おうとしたら、買えなかった。駅員に聞くと、台風の影響で中央線の特急は運行していないと。息子たちがやってきて、Kさんに電話して今日は甲府に帰せないことを告げた。今日、二人はゲーセンに行った後、お昼にラーメンを食べ、体育館で卓球をしたと。

駅前の蕎麦屋で夕飯。息子とT君は天ぷらせいろを食べた。

f:id:samso:20170807205906j:image

外に出ると、雨が上がっていて、バスに乗る息子たちと別れ、自転車で帰宅。

帰ってきた二人はそれぞれ寝転んでiPhoneを触っているだけで会話なし。息子に会話を進めるが、考えているけど思いつかないと。日本語があまりできないT君と恥ずかしくて英語を話そうとしない息子。

息子はいつものようにネットゲームを始めた。

 

甲府に行った

6時に目が醒めたが、昨日寝たのが2時前ですぐには起きれなかった。

6時半前に起き、一人で朝ごはん。

洗濯物を干したあと、掃除をし、7時半過ぎに息子に「帰ってくるまでに出る支度をしといてね」と言って、うちを出た。

8時前にレンタカー屋に到着。レンタルしたのは、最新型のアクア。

8時10分頃に帰宅。息子は寝転んでいて、まだズボンも穿いていなかった。

8時半頃にうちを出て、甲府を目指した。

順調かと思いきや府中を過ぎたあたりから、渋滞してきた。

談合坂サービスエリアに着いたのは10時ごろ。ちょっと休んですぐに出発。

f:id:samso:20170806222045j:image

11時頃に竜王駅に着いて、様変わりした竜王駅を見学した。改札前では鈴虫の品評会をやっていた。

f:id:samso:20170806222109j:image

f:id:samso:20170806222125j:image

12時前にKさんの実家に到着。家族5人に挨拶をして、イオンモールでお昼を食べることに。

外が暑いためか、イオンモール内は混んでいた。しばらく待って、和食店で話をしながらお昼。

f:id:samso:20170806222208j:image

2時半頃までモール内にいて、息子と同い年のT君に東京に一緒に来るかと誘ったら、来ると言うので、Kさんの実家に寄ってから、東京を目指した。

今日は大丈夫だろうと思って運転していたら、大月手前から渋滞してきて、渋滞区間は30km弱。事故渋滞のようだった。息子はちょっとだけ、T君と話をしていたが、来ると同じように寝てしまった。

渋滞中に眠くなったが、SA、PAとも満杯で入れずにいたら、気がつくと路肩にずれていた。一瞬居眠りをしたようだった。

石川パーキングエリアに着いたのは、6時過ぎ。レンタカー屋に着いたのは7時過ぎ。ガソリン代の精算を済ませ、息子が夕飯は回転寿司と言うので、自転車を駐輪場に持っていってから、回転寿司屋に行った。

息子はわさびと熱いお茶が苦手だが、T君は平気だった。

西友で買い物をしてから、二人と別れ、自転車で先に帰宅。30分ほどして帰ってきた二人はゲームを始めた。

 

 

 

カメラを買い替えた

6時半頃に息子が起きて来て、「お腹空いた」と言いに来た。無視して寝ていると、カップ麺を作って、食べ出した。食べ終わると、部屋に消えた。

7時過ぎに起きて、一人で朝ごはん。

9時45分過ぎにうちを出て、吉祥寺駅前に向かった。

ソフトバンクショップに10時過ぎに到着。空いているように見えたが、受付すると、1時間以上待ちだと。仕方なく待った。待っている人が一人出て行ったせいか、30分ほどで、SIMロック解除の手続き開始。15分ほどで手続き完了。

カメラのキタムラに行って、デジカメ2台の買取査定をしてもらうと、2万5千円。思ったより安かったが、お金を受け取った。それから、ヨドバシカメラに行って、妻が日食を撮るカメラが欲しいと行ってきたので、ニコンの35倍ズームのA900をポイントを使って、2万8千円ほど購入。

昼前になっていたので、喫茶店くぐつ草で、オムカレーセット。

f:id:samso:20170806010244j:image

f:id:samso:20170806010303j:image

帰宅すると、息子は布団の上にいた。

5時過ぎに散歩に出た。蝉しぐれの中の散歩だった。

f:id:samso:20170806010332j:image

f:id:samso:20170806010349j:image

散歩から戻って、すぐに買い物に行った。

6時過ぎに帰宅。息子はまだ布団の上にいた。

7時過ぎから、焼きそばと細巻きの夕飯。

夕飯を食べると、息子は部屋に消えた。

昨日届いたDSC-HX90VとA900を比較。室内ではA900の方が良い。DSC-HX90Vは近距離の望遠では正しくフォーカスしない。色合いもA900の方が良い。

f:id:samso:20170806010403j:image

DSC-HX90V

f:id:samso:20170806012432j:image

A900

f:id:samso:20170806012451j:image

 

 

 

曇り空が続く

6時に起床。

朝ごはんを食べ、洗濯物を干しにベランダに出ると、小雨が降っていた。

7時過ぎに息子の部屋のドアを開け、声をかけた。少し返事はしたが、まったく起きなかった。

外に出ると、ほとんど雨は降っていなかった。バスがすぐに来て、座って、駅に到着。

駅を出ても雨は降ってなかった。

f:id:samso:20170805085846j:image

わずかに汗をかいて、会社に到着。

一日曇りで、最高気温は29℃。

5時45分過ぎに退社。蒸し暑かった。

f:id:samso:20170805085915j:image

7時前に帰宅。息子はぶらぶら。今日も方ってある食器を洗うように言う必要があった。

盛岡冷麺と稲荷寿司の夕飯。夕飯を食べながら、息子はまた麻雀ゲームの話。

今日は9時頃からネットゲームを始め、11時半頃までやっていた。