from上海to東京

子育ての日々の断片を書き綴る

映画「孫文」を見た

昨日、上海に電話をしたが、妻の声がよく聞こえない。もっと大きく話してよと言ったがよく聞こえない。耳を変えてみたら、よく聞こえる。昨日急に左耳の耳鳴りが激しくなってすごく気になってはいたが、耳が聞こえにくくなっているとは思ってもみなかった。朝になっても、耳鳴りは治まっていなかった。

インターネットで調べてみると突発性難聴とありうると分かり、医者に行くことにした。「東京インデックス」という本で、近くの耳鼻咽喉科を探した。歩いて15分ぐらいの所にある医院に電話してみると、もう受付が始まっているという。花粉症の患者がいっぱい来ると想像できたので、すぐに出かけた。電話で説明された場所近くまで行くが、なかなか見つからない。ようやく電柱にある案内を発見。狭い路地を入っていくと、普通の家のような医院が見えてきた。受付の横には、10人も入れば一杯になるぐらいの広さしかない待合室があった。受付をすると、40分待ちだという。診察が始まった10時には待合室に人が溢れた。本を読んで待っていたが、一人当たりの診察時間が割と短く、次々と診察室に患者が入っていった。30分も待たないころ、名前を呼ばれた。お医者さんは60歳ぐらいの男性で、話していて厭な気持ちをいだかない人で安心。耳あかが耳道の奥に詰まっているという。私の耳道は普通の人よりかなり狭いらしい。なかなか取れず、10分ほどかかってようやく耳あかが取れた。激しい耳鳴りはなくなっていた。一年に2回ぐらいは掃除に来た方がいいねと言われた。難聴でなくて、ほっとした。

引っ越し前に電話の移転手続きをやっておかないと、引っ越し先ですぐにADSLが使えなくなるので、NTTに電話をした。引っ越し先の電話がインターフォン兼用になっていて気になっていたので、住宅管理センターに電話をしてみた。はやり、ADSLを使うにはインターフォンと電話を別の回線にする工事が必要だという。幸い、部屋には2回線分の配線がしてあり、電話を別の回線に接続すればよいらしい。NTTに電話をするとその工事に約1万円かかるという。引っ越し先はKDDIの光プラスマンションになっていて、KDDIの光プラスネットが使えるというので、KDDIに電話してみた。光プラスネットDIONと光プラス電話で1ヵ月4777円、申し込んでから使えるまで約1ヵ月かかるという。光プラスネットを使えば、工事は不要になる。1ヵ月間ダイヤルアップで接続というのは辛いので、とりあえず工事をやってもらうことにした。