読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from上海to東京

子育ての日々の断片を書き綴る

雨が降って、3月にしては寒かった

夜中に目が醒めずに6時に起床。

昨日のカレーを温め、朝ごはん。

出る支度を終え、息子に声がけ。「うっ」と答えただけ。

息子の塾のテキストと学校の教科を袋に入れ、2回ゴミステーションに持っていってから、マンションを出た。小雨が降っていたが、傘を差さずにバスの停留所に向かった。

1つ早い電車に乗れたが、西荻窪駅で気分が悪い人がいて安全確認のためしばらく停車するとアナウンスがあって、結局、東中野駅に着いたのはいつもの時刻だった。

駅を出たときも小雨だったが、傘を差して、会社に向かった。

f:id:samso:20170314213130j:image

8時頃に会社に到着。

5時45分過ぎに会社を出たときは、雨は上がっていたが、風があり、寒かった。

6時50分頃に帰宅すると、息子の友だちが3人来ていて、ゲームをやっていた。「解散」と声を掛けた。

息子の友だちが帰ってから、夕飯の支度。

ふとドアホンの画像を見ると、帰ったはずの息子の友だちが写っていた。音がしなかったので、また息子が音を切っていたようだった。ドアを開けると、「傘、忘れました」と。

夕飯の支度が終わり、部屋で横になっていた息子に声をかけた。

今日は、筍ご飯、ビーフステーキ、鮪の刺身、味噌汁、野菜の煮物で、息子は「うまかった」。

使った食器を洗わせると、すぐに部屋に消えた。

しばらくして見に行くと、息子は寝ていた。