読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from上海to東京

子育ての日々の断片を書き綴る

パパほどひどいことを言う親はないと息子に言われた

5時前に目が醒め、トイレ。

6時に起床。今日からOCNが使えなくなるはずだったが、ネット接続は問題なかった。

朝ごはんを食べ、支度を終え、7時前に息子に声がけ。起きないので、布団を捲ったが、頭から布団を被って、起きなかった。

外に出ると、今朝もそこそこの寒さ。

f:id:samso:20170301204633j:image

陸上競技場の側を通ると、芝生が綺麗に刈られているのが目に入った。

f:id:samso:20170301204058j:image

いつもより、すこし早めに駅に着いて、いつの電車がまだ来ていなかった。

神田上水ぞいに行くと、早咲きの桜に葉がしっかり付いていた。

f:id:samso:20170301204303j:image

8時過ぎに会社に到着し、仕事の前に「プードル・スプリングス物語」を読み終えた。チャンドラーが4章までを書き、その後はロバート・B・パーカーが書いたとあったが、違和感読めた。

5時50分頃に退社。寒くはなかった。

駅を出ると、雨が降っていた。

帰宅すると、息子はネットゲームをやっていた。「今日の数学のテストはどうだった?」と聞くと「くしゃみが出て、集中できなくなって、できなかった」。「花粉症が出る前に耳鼻科に行くように何回も言ったよね」「もう治った」。

夕飯の支度をしている間も、ずっとネットゲームをやっていた。

「もうご飯やからやめて」と言うと「やめられない」。「じゃあ、夕飯はいらないね?」「もうじき終わる」。

食べ始める直前にゲームが終わったと言って、すぐに食べようとしたから、「朝使った食器を先に洗って」と言うと、「後で一緒に洗えばいいじゃん」。「やるべきことはやるんだよ」と言うと「後で洗ったら、パパになんか影響あるの?」。

夕飯を食べていると、急に「パパほどひどいことを言う親はないよ」と言い出した。「その言葉そのまま返したい」と言うと、「親の分際で」とか「さるに何を言ってもしょうがない」とか。

夕飯を食べ終わったら、使った食器を洗って、食べた後のゴミはゴミ箱にちゃんと捨ててと、言う必要があった。

しばらくして息子の部屋に洗濯物を持っていくと、布団の中に入って、iPhoneを眺めていた。部屋に投げ捨ててあった学生服とズボンをハンガーにかけた。