読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from上海to東京

子育ての日々の断片を書き綴る

努力をしないで海外に行きたい

4時過ぎに目を醒ますと、息子が起きている気配。トイレに行ったような音が聞こえてきた。

5時半頃に目が醒め、6時に起床。

朝ごはんを食べ、洗濯物を干し、支度を終え、7時に息子の部屋に行って、布団を剥いだ。目を醒ましたが、すぐに布団をかぶり直した。また布団を剥いだ。渋々起きて来た。食卓につく前に、顔を洗うように促した。ズボンを穿くと、顔を洗いに行った。

息子が食卓についてから、うちを出た。曇り空で、雨は降っていなかったが、蒸し暑かった。

曇り空のまま、降られずに会社に到着。

f:id:samso:20160622075449j:plain

午前に雨が降ったが、午後は降らなかった。

5時40分過ぎに退社。

5時45分過ぎに帰宅。息子はテレビを見ていた。「今日はちゃんと学校に行った?」と聞くと「行った」。テーブルの上に置いてあったモノが移動されていたので、「今日誰か来たね?」と聞くと、「二人来た」。ゲームをやったのかと聞くと、漫画を読んでた。この前まとめて買ってきた「坂本ですが?」を読んでいたようだった。

夕飯後、息子はずっとiPhone。しばらくしてやってきて、「本田が、日本は生ぬるいから海外に行けって言ってる」と言いに来た。「中学を卒業したら、ヨーロッパに行く片道切符を買ってあげるから」と伝えた。

iPhoneやテレビを見ながら試験勉強をしてたかと思うと、あっという間にやめて、部屋でゴロゴロ。