読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from上海to東京

子育ての日々の断片を書き綴る

やる気が見られない

5時過ぎに目が醒め、トイレ。布団に戻ったが、すぐにまた目が醒め、5時45分過ぎに起きた。

ゆっくり、朝ごはん。洗濯物を干し、着替えると時間が余った。

7時まで待って、息子に声がけ。2回目で起きた。

起きて来ると、顔も洗わず、食卓について、食べだした。

一応中間テストでつまらないミスをしないように言って、うちを出た。

曇り空。路面が濡れていた。

駅を出ると、気温が上がっていて、蒸し暑く、歩き出すと、汗。

f:id:samso:20160511075552j:plain

会社に着くと、すぐに上着を脱いだ。

職場は暑く、午前中からエアコンをつけた。

5時45分頃に退社。雨が降る気配はなかった。

乗った総武線の電車が吉祥寺駅を発車する直前に警報がなった。原因確認のためにしばらく発車しないとみて、中央線ホームへ。やってきた電車は満員。なんとか乗ることができた。三鷹駅に到着したが、反対側のドアが開いたため、動いてくれない人をかき分けるように出ようとすると、「痛いじゃないか」と太った男に睨まれた。その男に当たった感触がなかったので、しらっとしてなんとか、下車。

7時頃に帰宅すると、息子の友だち二人が来ていて、PS4でゲームをやっていた。「なにやってだよ。明日もテストでしょ」と言うと、「先に勉強した」とゲームをしながら、返事をしたが、勉強をやった気配はなかった。

10分ほどしてゲームを終了すると、二人は帰って行った。

夕飯時に今日のテストのことを聞くと、「国語はダメだった。ほかはまあまあ」。

夕飯後、息子はまたマックに行くと言って、まったく勉強をしないで、テレビでサッカーゲームを見ていた。

8時に行くと言っていたので、「もう8時だよ」と言うと「8時半に出る」。8時半になっても外に行かず。9時になってようやく教科書を眺め始めた。「何処を覚えてないのか、見極めてやってんのか」と言うと、「こんなテストはどうでもよい」と。