from上海to東京

子育ての日々の断片を書き綴る

上津金に花見に行った

長野と山梨の知人達にお花見に誘われ、北杜市になった上津金というところに行ってきた。東京に住むことになって車を所有できなくなったから、昨日レンタカーを借りようとして、レンタカーサイトで予約を試みたが、チャイルドシートがないと理由で予約できなかった。それで、レンタカーより高くなってしまうJRの特急で行くことにし、「えきから時刻表」を見に行った。どの特急にしようかと思って時刻表を眺めていたら、土曜休日は「ホリデー快速ビューやまなし」という臨時電車が走っていると分かり、それで行くことにした。この臨時電車は、普通料金だけで乗れるため、レンタカーと同じぐらいの料金で行けることになった。

三鷹駅から乗って座れるのか心配しながら、待っていたが、7割程度しか乗客がおらず、問題なく座れた。子供は2階建て電車に乗るのが初めてだったため、「2階建てだね」と言って乗るときは興奮していたが、30分ほどで車窓の景色に飽きていたずらを始めた。
11時前、電車が駅でもないところで停車。しばらくしてアナウンスがあり、踏切事故があり停車していると。またしばらくして、動いたかと思ったら、塩山駅で停車。電車に衝突した車が車両にめり込んでいるため、いつ復旧するか分からないという。韮崎駅に知人が迎えに来てくれることになっていたので、電話するがその知人には連絡ができなかった。
電車を降りてタクシーで目的地まで向かう人がかなりいたが、電車が動いているらしい甲府駅までタクシーで行くには遠すぎるので、待つことにした。改札まで行って駅員にどうなるかの聞いてみたが、バスを手配するようなことは言うが、まだいつになるのか分からないというので、駅の外に出て、食事をすることにした。天ぷらうどんを食べていると、12時過ぎに復旧する見込みだというアナウンスが聞こえた。
食事が終わり、車内に戻った。外は暑かったが、車内は冷房が入っていた。12時半頃、ようやく電車が動いた。韮崎駅には1時半遅れの1時頃に到着した。知人がずっと待ってくれていて、知人の車で上津金に向かった。現地に着くと、桜は散っていたが、水仙が咲き、桃の花や梨の花が満開だった。

知人達とはほぼ一年ぶりの再会だった。みんな反日デモのことで私たちのことを心配してくれていたようだった。上海にいて反日デモを目撃した妻が説明すると、日本での報道と随分違うことに驚かれた。
6時頃まで美味しいモノをいただきながら談笑し、甲府駅まで送ってもらった。朝の事故の影響で12分程度遅れてきたスーパーあずさに乗って帰ってきた。